金銭問題と向き合おう|住宅ローンや総量規制対象外ローンに迫る

まずは相談

住宅ローンを滞納すると家は競売にかけられてしまいます

住宅ローンをもし返済できなくなって滞納した場合、どのようなことになるかあなたはご存知ですか。まず最初は督促が来ます。この時点で、ローンを利用した金融機関に相談して、返済方法を見直すのをお勧めします。3か月たっても滞納が続く場合は、今度は代位弁済の通知書が送られて来ます。これは、保証会社が代わりに金融機関にローンを一括返済したという通知です。 しかしだからといって、これで借金が帳消しになるわけではありませんので、その後も住宅ローンの滞納が続いた場合は、家が競売にかけられてしまいます。競売は通常の不動産価格よりも安い値段で家を買い取るシステムで、その売却金では債務を全額返済できないこともあります。ですので、住宅ローンを返済できない場合には、早めに弁護士や司法書士に相談して、任意売却を行うのがいいでしょう。

まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう

任意売却というのは、家を通常の不動産価格で売却するものです。この方法ですと、債務を返済できて、しかも転居費用が手元に残る確率も高くなりますので、家を競売されて、しかも手元に何も残らないという、最悪の事態は回避できます。法曹関係者のみならず、任意売却の専門業者に頼むこともできます。 また、住宅ローンの返済以外にも他にも多くの債務があって、しかも滞納をしている場合には、債務整理方法の一つである、個人再生を選択することもできます。これは家を手放したくない場合に、住宅ローンだけを残し、それ以外の債務をまとめて整理するというやり方です。収入額など一定の条件がそろわないとできませんので、この場合はやはり、弁護士か司法書士に頼むといいでしょう。